現地通貨の出金が可能なデビットのカード

0-12

海外では、よく買い物は行われています。旅行などで買い物をしている方々も多いですが、通貨調達が1つのポイントになります。

少なくとも現地では、日本円は使用できません。現地の通貨を入手する必要がありますが、その際にカードが使われる事もよくあります。

ただしクレジットカードではなく、デビットカードです。クレジットカードでも支払いは可能ですが、現地通貨を調達する目的でしたら、デビットカードが使われるケースが目立ちます。

デビットの場合は、現地のATMにて外貨を出金可能です。現地の様々な場所にATMが設置されていますが、それで所定操作を行えば、現地通貨を引き出す事はできます。

ちなみに所定の手数料などは発生します。レートなども手数料に関わってきますが、少なくとも無料で引き出せる訳ではありません。

ですから外国旅行に行く時などは、デビットのカードを1枚程度は準備しておく方が便利です。現地のATMにて簡単に出金できれば、旅行先では色々と便利だからです。

ところで多くの方々は、ufjが発行しているカードに着目しています。ufjのカードは、他の銀行から発行されているものと異なり、様々なメリットがあるからです。

参考ホームページ:デビットカードランキング

現地でのトラブルに関する補償のメリット

0-42

ところで海外に旅行に行く方々は、たまにショッピングに関する不安感を抱いています。治安などの問題で、万が一の事態も考えられるからです。

現に現地でトラブルが生じている事例も、しばしば見られます。例えば、不正に利用されたというトラブルです。現地でカードが悪用されたという事例も、たまに報告されています。

Aさんが保有しているカードを、全く別のBさんが使ったとすると、Aさんに対しては大きな損失が生じてしまう訳です。それで金銭的なトラブルが生じたという事例もありますから、旅行に関して若干のリスクを感じている方々も目立ちます。

ところでufjが発行しているデビットカードは、それに関わる保障が完備されている訳です。というのもこの銀行のカードには、旅行の保険に関するサービスがあります。

仮に旅行先にて不正利用された時でも、保険がおりる仕組みになっている訳です。ちなみにその補償の金額には、上限の値もあります。

1年間で、最大100万円に限定される事にはなります。それと補償の締め切りに関する制限もあり、トラブルが発生してから60日以内になります。100日前のトラブルなどは、対象外になってしまう訳です。この補償が完備されている点は、UFJの特徴の1つです。

海外で現地通貨を出金できるカードは、他の銀行からも幾つか発行されていますが、保険は完備されていない事も多いです。もちろん保険がなければ、特に補償がおりる事もありませんから、旅行に関する不安感も高まってしまいます。

ところがUFJの場合は、その補償も完備されている訳ですから、安心して旅行を楽しめる訳です。それもこの銀行のメリットの1つとも言えます。

また品物の破損に関する補償もあります。デビットのカードで買い物した商品は、何らかの理由で壊れてしまう事もある訳です。

その場合でも、保険が適用されますから、同じく保障はおります。幾つかの条件はありますが、少なくとも本人が故意に破損した訳でなければ、保険は適用される訳です。総じて保険が充実している点は、UFJの大きな特徴の1つです。

カードを使用した時のキャッシュバックとその還元率

0-83

それとUFJのカードには、キャッシュバックに関する特徴もあります。ポイントが発生するのではなく、キャッシュバックです。ポイントが発生するデビットのカードは、数多く存在します。ですが発生したポイントは、交換手続きが必要な事も多いです。

その手続きは、非常に面倒だと感じられる事もあります。少なくとも受け取ったポイントは、即座に現金として使える訳ではありません。ところがUFJのカードを使用した時は、ポイントという形ではありません。あくまでもキャッシュバックという形になります。

基本的には現金で付与される事になりますから、上述の面倒な交換手続きも必要ありません。ただし具体的にどれ位の数字になるかは、状況次第です。

基本的には、昨年1年間の利用金額に左右される事になります。例えば昨年1年で、合計30万円以上はカードで支払っていたとします。その場合は、基本的には0.3%という還元率になる訳です。ですが人によっては、利用金額はそこまで大きくない事もあります。

20万円台の方々も多いですが、その場合は0.25%です。また20万円未満ですと、0.2%になってきます。ですからカードで使用した金額が多ければ、還元率も高くなる訳です。

また誕生月ですと、還元率は0.1%上乗せされる事になります。また発行されてから3ヶ月以内にカードを使用すると、0.2%の上乗せが生じます。ですから具体的にどれ位のキャッシュバックになるかは、タイミングにも左右される一面はあります。